旧ペベオ絵画修復エデュケーション・センター

​本場ルーブル美術館で培った修復技術を習得できる絵画修復の学校

​絵画修復エデュケーション・センター

​ フランスで著名な絵具会社・ペベオ社と、ルーブル美術館で培った優れた絵画修復技術を持つ鎌倉絵画修復工房が、「ペベオ絵画修復エデュケーション・センター」を開校してまいりました。
 

 そしてこの度当初の予定通り2020年4月より、9年間の運営実績の後、「ペベオ絵画修復エデュケーション・センター」は、絵画修復家、加賀優記子氏が直轄運営する学校となり、その名称も「絵画修復エデュケーション・センター」に改称となりました。

当校は、「修復家になる」という事を真摯に目指す方の、最善の学びの場である事を目指しています。

 

当センターでは、他大学、他修復学校より断然多くの修復実習をこなします。また、国内で最も低い授業料でありながら、しかし卒業し、立派な修復家として一歩を踏み出せるよう、「現場の実際の仕事」に対応する力を養い、「世界に通用する本場の技術」を習得するため、根本的な知識を化学的に理論的に理解させ、しかし頭だけで理解するのではなく、様々な材料を駆使して手と体に覚え込ませる作業をします。時間を無駄にせずこのように大変高度で密度の濃いカリキュラムを毎回組んで、授業を行っています。
 希望者には海外の著名な大学の修復コース、研究所などへの入学・入所をサポートします。
また、3年間のカリキュラムを履修された卒業生に対しては、卒業後も数年間は修復工房独立・開業に向けてのアドバイス、サポートなどを行います。また、研修生制度を設置、卒業後もより強固なサポート体制を充実させました。
 

※2020年度より、授業は新型肺炎の影響により、リモートで行われています。5月から始めたこの取り組みは、「修復に必要な知識をロスタイム無く」同時に徹底的に全員が集中して学び取れること、そしてリモート授業であっても、各個人の手元に修復の材料と修復するべき作品が届けられ、充実した学びができるシステムとなっており、現在大変好評を博しています。作業時は、PCリモート画面に加え、スマホLINEアプリなどを活用して生徒と講師が一対一で取り組める状況となっていますので、修復箇所のディテールも確認でき、効率よく、そしてコロナ禍の中、安心・安全に学んで行く事ができます。

banner_センター紹介見学会.jpg
banner_鎌倉絵画修復工房.jpg
banner_artschool.jpg
banner_pebeofrance.jpg
banner_絵を描く.com.gif
banner_spiral.jpg

当学校は土曜日(上級生は日曜)に月3~4回のカリキュラムを組んでいますので、社会人・学生の方も入学が可能です。

​      ー出来ることを、今、できるだけ頑張ろう!ー

​最新情報

●2020年7月15日 8月1日より各自宅での「修復実習」が始まります。

         この授業からの参加は7月末が募集終了となります。

         受講希望の方は申し込みをお急ぎください。

​●2020年7月7日 「加賀優記子先生がプレシャス8月号に掲載されました。

​●2020年4月25日  5月9日よりネット配信授業で新学期スタートします!ネット配信授業中は、授業料を減額致します。

         

​● 2020年4月25日  ぶらり途中下車の旅で当センターが再放映されました。

​● 2020年2月9日  新型肺炎の感染防止のため、4月新学期スタート期日については

           また情勢を見極めた上でまたお知らせ致します。

​●2020年2月1日  「ペベオ絵画修復エデュケーション・センターは、

          「絵画修復 エデュケーション・センター」と改称となります。

学校見学は、現在新型コロナウイルスのため、中止しています。詳しくは絵画修復エデュケーション・センター事務局までお問い合わせ下さい。